KyoLog

内海京寛(うちうみ きょうすけ)のブログ。「仕事が楽しい!と即答できる社会をつくること」を目標に掲げ、実行に移す過程をブログに残していこうと考えました。

『社会人1年目の教科書』 

こんにちは。

うちうみきょうすけです。

 

今回は『社会人1年目の教科書』を紹介したいと思います。

 

この本は一言で表すと”入社前の不安を和らげる本”です。

特に”入社前から社会人としての基本を身に付けておきたい方、

入社後すぐに活躍したいという方にオススメです”

 

転職される方の気持ちは分からないですが、

学生が社会人になる前は不安もしくはワクワクで一杯かと思います。

どちらにせよ入社すると学生と社会人のギャップに驚くと思います。

では、ギャップとはどんなものなのか。

様々なギャップが考えられますが、

あえて1つだけ挙げるとすれば、

”活躍”のギャップを挙げます。

 

学生は入社後すぐに活躍できると考えている傾向にありますが、

企業側は決して活躍を望んでおらず、

一定の教育を施した後に活躍してくれることを想定しています。

つまり、学生は勘違いをして入社してくるとも言えます。

かくいう私も勘違い学生の1人でした。

 

この本を選んだ目的は、

「即戦力になれるようにあらゆることに備えておきたい。

入社してからスタートダッシュを決めて

誰よりも活躍していこう。」

というモノでした。

 

いざ読み進めていくと、

私は大きな勘違いをしていることに気が付きました。

 

入社1年目に求められることは活躍することではなく、

当たり前のことができることだったんです。

 

当たり前のことが出来ない社会人に

活躍のチャンスは訪れない。

そのくらいに感じました。

 

では当たり前のことはなんでしょうか。

それは、本当に当たり前のことです。笑

 

例えば、

挨拶は大きくハッキリとする。

敬語を正しく使う。

と言うように、

日常生活で意識すれば出来そうなことばかりでした。

 

難しいことはほとんど書いていません。

こんなレベルでいいの!?

というモノばかりです。

 

そのレベルのことが社会人1年目で出来ない人が多いようです。

ということは、当たり前のことが出来れば

誰にでも活躍のチャンスが巡ってくると考えられます。

 

私の持っている本にはあちこちにメモ書きしてあります。

この本を読んでみたいと言う方は

〇〇のアドレスor申し込みフォームにご連絡ください。