KyoLog

内海京寛(うちうみ きょうすけ)のブログ。「仕事が楽しい!と即答できる社会をつくること」を目標に掲げ、実行に移す過程をブログに残していこうと考えました。

名言・格言・ことわざの違い

 

私なりに解釈した名言・格言・ことわざの違いを

整理しておきますね。

まずイメージで言うと

以下のようになるかと思います。

f:id:kyosuke4:20170613142126j:plain

私たちが日常会話で話す言葉が全体になると思います。

その中で、日常会話からいい言葉が出てくると

「名言」になるのかなと。

そして格言とことわざは名言の一部として扱われます。

 

友人の言葉を借りると、

″現代の人々にも名を馳せる社会的地位が

しっかりした学者や政治家たちの残した言葉が

「格言」であるのに対して、

名を馳せることのない一般市民たちが

生きていく上でみんなに広めていくべきだと伝承された言葉が

「ことわざ 」“

 

私は友人から説明された時、

なるほど!と納得しました。

 

このままでは私見に過ぎないので、

広辞苑を引用して整理してみます。


【名言】

”確かにそうだと感じさせるような、

すぐれた言葉。”

広辞苑


物事の本質をとらえた言葉は

名言になりうるようですね。


例)
「可愛い女の子と1時間一緒にいると、

1分しか経っていないように思える。

熱いストーブの上に1分座らせされたら、

どんな1時間よりも長いはずだ。

相対性とはそういうことである。」

by Albert Einstein

 

【格言】

”簡単に言い表した、戒めの言葉。金言。”

広辞苑
 人生・真実などを述べ、

多くの人の戒め・教訓とした簡潔な言葉。


 例)

「巧言令色鮮なし仁」

by 論語

 

【ことわざ】

”昔から言い伝えてきた、

訓戒・風刺などを内容とする短い句。”

広辞苑

出来事に関して端的に表した言葉と言ったところでしょうか。

 

例)

善は急げ

 

まとめると、

名言は格言・ことわざを含み

広い意味で用いられているようですね。

なるほどなって思えば名言。

有名人が発した教訓が格言。

無名だが端的に表した出来事はことわざ。

というように違いをざっくりと整理しておくことにします。